【体験】be-majo(ゆみ)~Hug healing認定インストラクター 小さな手が大きな手に変わるその瞬間

おつぴよですしんやです。

今回は、日暮里にありますbe-majo(美魔女)へ行って来ました。

Hug healing認定インストラクターゆみさんの施術を体験してきました。


本当に施術のレパートリーが多く奥が深いため、完全に網羅はできませんでした。

 

ですが、ゆみさんの魅力とHug healingの素晴らしさを全力でお伝えいたします。

 

間違っていることもあることと思いますが、感じたままに書かせてください。

 

少し、専門用語が多くなるので不死鳥なりの解説と考察を加えてご紹介いたします。

 

それでは、最後までごゆっくりとしていってください。
【店舗までの道のり】
日暮里駅、西日暮里駅どちらからもアクセス可能で徒歩4~5分程度です。

今回は、日暮里駅から向かいました。

ホームページに写真つきの案内がありますので、迷うことはないと思います。

田舎者にはありがたいです。笑

お部屋はマンションのファミーリータイプの個室型で数部屋ありますが、声等は全く気にならなかったです。

店舗の対応は、優しく丁寧でありとても好感がもてました。

店舗のホームページはコンセプトがよく伝わってくる作りとなっています。

be-majoの店舗名の由来をしっかりと読ませて頂きました。笑

FullSizeRender

店舗のTwitterもあるのでぜひフォローして最新情報をチェックしてみて下さい。

 

 

【体験したメンズエステ店】

店舗名       :be-majo
セラピスト:ゆみ
コース         : ベーシックコース120分
オプション:ディープトリガー10分
合計           :17000(ネット指名料1000、
                      ディープトリガー1000)


ゆみさんのTwitterは様々なジャンル感がありとても楽しいです。笑


フォロワーさんもたくさんいて本当にすごいですね。

 


ゆみさんの紹介ページへもぜひぜひ遊びに行ってみてください。

【セラピストさんに会って】
ピンポ~ン。

白のシャツにミニスカートでお出迎えのゆみさん。

何といっても豊満でセクシーなIカップに目が奪われてしまいました。

Hug healing認定インストラクターゆみさんの施術がとても楽しみで心が躍っていました。

お部屋に通され、椅子に腰掛けると温かいお茶を用意してくれました。

お部屋は、ゆみさんの私物で高級な「ホームスター」でプラネタリウムを投影し、幻想的な非日常の世界を演出していました。

会いに来てくれる人を心と視覚からも癒してあげたい。

そんなゆみさんの優しい気持ちを感じていました。

コースの説明をしっかりと受けて、お支払いを済ませます。

シャワーの準備をしてくれる間にお着替えを済ませます。

アメニティーの説明もしっかりとしてくれました。

ボディータオル、マウスウォッシュ、ドライやーもありました。

紙パンツは、ピンクの横スカとTバックタイプの二種類でした。

やっぱり大好きなかわいいピンクの横スカを選びました。笑

うつ伏せからのスタートです。

背中にタオルを引いて全体の軽擦を素早くした後に腰から肩、ふくらはぎから太ももへ指圧をしていきます。

オイルマッサージへと移ります。

腰へと移動し、脊柱起立筋から流していきます。

脊柱のS字カーブ(前弯・後弯)に合わせて微妙に圧の変化をつけて流していきます。

腰椎部は強めに、胸椎部はやや弱めに微妙な圧の強弱が素晴らしかったです。

今まで圧は一定がいいのではと思っていましたが、脊柱のカーブに合わせた流しによりよい気持ちよさを感じました。

さらに肩(棘上筋・三角筋)、上腕(上腕二頭筋・上腕三等筋)、前腕(腕橈骨筋)まで流していきます。

そして、手をギュッっと握りながらのHugで包まれます。

筋肉については、そんな名称があるのかといった程度に雰囲気を感じ取って頂ければ幸いです。

何故、ここまで筋肉を書く必要性があるのか。

それは最後まで、しっかりとお読みくださいませ。

さらに、前腕を用いて適度に圧をかけながら同部位を流していきます。

手掌とは異なり、皮膚へ触れる表面積が多くなるため、包まれてる感じがとても気持ちがいいです。
「うわぁ~気持ちいい~」

「ウフフ」
太ももへと移動し臀部のマッサージです。
前腕で圧をかけながら臀部中央(大臀筋)と坐骨結節から外側(中臀筋)へと流していきます。

前腕と肘を交互に使用しながら、圧に強弱をつけながらの流しはとても心地がよかったです。

次は、膝を用いて圧をかけながら流していきます。

さらに…。

これはすごい…。

初体験でした…。
 
ニーローリング
 
ゆみさん独自の技とのことです。

膝を用いて臀部から脊柱起立筋に沿って一気に流していきます。

ニーローリングは、前腕よりも圧のかかり具合が強くなる、かつ流す範囲も広くなるため包まれ感がアップしてとても心地がよかったです。

これ、ぜひ体験してみてくださいね。

さらに、ゆみさんの両膝で坐骨結節(臀部中央)へグゥーっと圧をかけてから外側へ流していきます。

これは、両上肢と体幹の筋力がないと出来ない施術だと思います。

足元へと移動し足裏のマッサージへ移ります。

内側アーチ(土踏まず)から、外側アーチへと流していきます。

足関節の底屈・背屈(上下運動)の可動域も広げてくれました。

ふくらはぎのマッサージは、片方の手で流し終える寸前にもう一方の手で流し始めます。

打ち寄せる波のような流しでした。

ふくらはぎ(下腿三頭筋=腓腹筋+ヒラメ筋)の筋肉を的確に分けて流しているのが分かりました。

さらに、太ももは外側から内側へと筋肉とリンパの流れに沿って流していきます。

そして…。

これがすごかった…。

過去、下肢の流しの時に体幹まで触れられた体験はあまりありません。

しかし、ゆみさんはふくらはぎから太ももまで流した後、脊柱起立筋から肩まで流していくのです。

小さな身体なのに本当にすごいと思いました。

これもぜひ体験してみてください。

そして、ゆみさんの体幹でやわらかく包まれ膝をゆっくりと屈曲(曲げる)のストレッチをしてくれました。

カエル足となります。


カエル足も二段階あるという感じでした。

 

まずは、女の子座りスタイルです。

前腕を用いて、大腿部外側(腸脛靭帯・中臀筋)から内側の筋肉、そしてSKBキワまで流していきます。
「あふっ」
「ウフフ」
前腕で流していく時の包まれている感じがとても気持ちがいいです。

次は、カエル足の下へ太ももを滑りこませます。

ゆみさんの太もものムニュプニュ感がとても気持ちがよかったです。

SKBキワをゆっくりと大きなストロークで前後から途切れなく流していきます。

OK2ではやわらかなOPIを感じていました。

さすがにFBKでした。笑

すると…。

スッーっとカエル足が太ももに包まれながら真っ直ぐに戻されます。

何気ない感じかも知れませんが、これは本当にすごかったです。

不死鳥の拙い体験では、カエル足の姿勢から足を真っ直ぐに戻す方法はいくつかあると思いますが。

多くは自ら戻すか、またはセラピストさんに手で戻してもらうかだと思います。

こういう些細な所にもHug healingの技術が活かされていると感じました。

再度、腰へ移動し肩のストレッチです。

肩関節を伸展(後方へ)・内旋(内側へ)して、肘関節屈曲90°にします。

背中へ手を回すといった感じです。

こうすることで、肩甲骨が浮きあがります。

そして、肩甲骨内側縁への指圧と流しをしっかりとしてくれました。

そのままの姿勢で上腕と肘を脊椎方向へとストレッチしていきます。
 
「吸って~はいて~

 

「ふうっーーー」
 
とても気持ちがいいです。

さらに、背中に回した手を外側へ開き、前腕を上方へ動かしてストレッチしていきます。

肩関節の外旋・内旋のストレッチと可動域を広げる施術なのですが少し難しいですね。笑

少し医学的なお話しをさせて下さい。

肩関節は、膝・肘関節とは異なり鎖骨、上腕骨、肩甲骨で構成されています。

それらを筋肉、靭帯、関節包などにより固定されています。

そのため、どこか一箇所でも問題が発生すると肩の機能障害がおこる可能性があります。

特に、肩の可動域には肩甲骨の動きがとても重要です。

肩を挙げる時には、必ず肩甲骨も同時に外側(肩甲骨上方回旋)へ動いていきます。

これを肩甲上腕リズムといいます。

この、一連の肩のマッサージはそんな医学的なアプローチも含まれているように感じました。

あお向けとなり、ダウンライトをしてくれました。

頭上へと移動してタオルを引いてヘッドマッサージです。

本格的なヘッドマッサージは初めてかもしれません。

頭部を両手で包み込みゆっくりと優しい圧でマッサージしていきます。

その後、目の上方と・下方を丁寧に指圧していきます。

目の周りの眼輪筋や上眼瞼挙筋のマッサージだと思います。

さらに、頬筋や側頭筋や咬筋などいわゆる表情筋がゆっくりと解れていきました。

そして、肩の大きなリンパ節へ流していきます。

とても心地がよかったです。

この時、初めて気がつきました…。

ゆみさんってとても手が小さい…。

不死鳥は、女性と同じくらい手が小さいです。笑

 

実際、ゆみさんと手を合わせてみましたが、本当に小さかったです。

何故、こんなに小さな手なのに、ここまで包まれているかのような流しが出来るのか本当に驚きでした。

その理由は…。

一つは流している場所の筋肉を理解し、その筋肉を包むように流していること。

もう一つは、虫様筋握り(おにぎりを握るような時の手の形)で皮膚へストレスのない触れ方をしていること。

この理由によりとても大きく包まれている感じがしたのだと考えました。

ここにもHug healingの素晴らしさがあると感じた瞬間でした。

まさに…。
小さな手が
大きな手に変わる
その瞬間
初体験でした。

頭部を左右に傾けて、僧帽筋から棘上筋を流し、さらに回旋してストレッチングをしていきます。

さらに、腹部をグルッグルッグルッと腸の経路に沿って流していきます。

CKBが超絶敏感になっていまして。笑

体幹を流して通り過ぎる位だったんですが。
 
「あふっうんっ

 

「ウフフ」
 
CKB弱すぎなんですかね。笑

グゥーっと背中へと両手を入れて肩から脊柱起立筋を流していきます。

最後は、ゆみさんの腰へと手を回して体幹伸展のストレッチです。

体幹がゆっくりと引き伸ばされとても気持ちがよかったです。

次は、股関節屈曲のストレッチです。

体幹でゆっくりと圧をかけながら股関節を曲げていきます。

とてもやわらかく包み込まれている感じがありました。

さらに、股関節を外旋・内旋のストレッチもしていき、臀部と太ももの内側の筋肉がよく伸ばされました。

ここまで、少し専門用語が多く読みにくい文章で大変申し訳ありません。

しかし…。

もちろんメンズエステですから、しっかりとドキドキもあります。

コマネチの下へと太ももが滑り込み、SKBキワキワとリンパを指圧しながらゆっくりと流していきます。

前腕を用いて、太ももからSKBキワキワまで流します。

さらに、両前腕でSKBを包みながらお腹まで流していきます。

深層からグワッーっと気持ちよさの波が押し寄せてきます。
「あんっあふっ」
「気持ちいい~」
「よかったです」
ゆみさんと見つめ合います。

とてもセクシーで妖艶な表情がとても印象的で素敵でした。

 

「ゆみさんめっちゃセクシーです

 

「ありがとう~」
 
最後は、横向きとなり目の前がゆみさんの愛に包まれていきます。

言葉は入りません。

頭部や体幹を包み込みやさしく愛をもって撫でてくれます。

二人だけの愛の時間は
とても幸せでした。

 

ゆみさん本当にありがとう。

 

アフターカフェラテ美味しかったです。笑
【まとめ】
根拠を持ったHug healingの素晴らしさを体験しました。

個人的な意見ですが、メンズエステは様々なコンセプトや施術があっていいと思っております。

しかし、ゆみさんの施術(Hug healing)に対する意識と研修への熱意はこれまで体験した事ない位、他を凌駕するものであると感じました。

百聞は一見にしかずでございます。

ぜひ、ご愛読者様に体験していただきたいセラピストさんです。

では、またの機会にどうぞよろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!